アーティスト

Ryota Asami

Ryota Asami

非常に奥深いDJの世界。

楽曲を選曲して、会場やラジオで再生する。

とてもシンプルに見えるその世界は、様々な思いを持って向き合う人たちがいる。

そんな中で「世の中に良質な音楽を広めていきたい」という思いを持って、会社員という多忙な身でありながらも、年間10本以上のDJイベントで活動する1人の青年を紹介する。

Ryota Asami(@crunky_popjoy

平日はフルタイムで会社員として勤務しながらも、様々なイベントにDJとして参加して良い音楽を多くの人に届けている。普段から積極的に新譜を取り入れ、いつ何時も音楽を欠かさないほどの音楽好き。音楽作品に込められたメッセージやアーティストのバックグラウンドまでを想像し、解釈し、受け止めて、DJとしてもこだわりを持って世の中へ音楽を伝えている。

彼の活動は大きく3つ
 1. 所属イベントや招待イベントでのDJプレイ
 2. ライブイベントでの転換DJ
 3. プレイリストの作成と公開


1. 所属イベントや招待イベントでのDJプレイ

彼は「Action And Action」「Great Approach」「Asashan」「ノイバウテン」といった4つのDJイベントに所属して、精力的に活動している。中でも「Action And Action」は彼がメインで活動する舞台であり、DJ BAR「渋谷EdgeEnd」にて定期的に開催されている。

「Action And Action」はインディーエモ系を中心とした音楽イベントであり、音楽をこよなく愛するDJプレイヤーたちが自分の中の「エモ」を持ち寄る場所。「エモ」を様々な解釈から楽しむことができる素晴らしい場所だ。


2. ライブイベントでの転換DJ

次に彼の転換DJとしての活動もご紹介する。

昨年はインストバンド「PICTURE ROOM」の主催で行われた「音たどる遊覧」にて、転換DJを務めている。

音心地の良いゆったりとした場となった本イベント。彼はイベントのコンセプトやアーティストの繋ぎを徹底的に考え抜き、世界観を意識して準備されたトラックリストは一種の職人技であり、会場を終始居心地の良い雰囲気に包んでいた。


3. プレイリストの作成と公開

最後はプレイリスト作成だ。彼は無数にある音楽のレパートリーから、特定のシーンや季節、天気や利用用途など、様々な切り口で楽曲を集めたプレイリストを作成して公開している。彼が作成したプレイリストの一部をご紹介する。

こちらは彼が厳選した9曲の楽曲を要したプレイリスト。「Emotional Songs」と名付けられたこのプレイリストは、感情を揺さぶるロックミュージックが詰まっている。エモ好きにはぜひオススメしたい。

もう1つ。彼が2019年の秋に作成した、秋の涼しさを彷彿とさせる気持ちの良いシューゲイザーサウンドが詰まったプレイリスト。こちらもオススメ。

多くの音楽やプレイリストを紹介している彼のnoteも要チェックだ。


会社員という多忙な身でありながらも、多くの人々に良い音楽を届けたいという思いから、多方面で積極的にDJ活動に勤しむRyota Asami氏。

なぜ音楽に没頭し、DJイベントやプレイリストを介して、人々へ音楽を伝えたいという思いが芽生えたのだろうか。

その秘密を語ってもらったインタビュー記事もご堪能あれ。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)